株式会社コスモテレコム -法人営業部ログ-

2009年03月のアーカイブ

◆データ通信◆

火曜日, 3月 10th, 2009

ウィルコムは、法人向けに高速データ通信サービス「WILLCOM CORE 3G」の提供を9日より開始すると発表がありました。

そこで、話題となったのがNTTドコモのFOMA回線をMVNOとして活用すると発表されたこと。
では、MVNOとは?

無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供している事業者のこと。無線通信サービスの免許を受けられるのは国ごとに3~4社程度しかないが、免許を受けた事業者の設備を利用することで、免許のない事業者も無線通信サービスを提供することが可能になるということです。

これでウィルコムからもドコモやe-モバイルと並ぶ『下り最大7.2Mbps』のサービス提供が提供されますね。                                                    音声に限らず、データ通信の分野でも各社競争が激しくなりよりサービスが充実しそうです。

私も実際にドコモとe-モバイルのハイスピードを体感したことがありますが、思っていたよりも速かったです。
仕事で使用するのはもちろんのこと、プライベートで遠出した際にも、かなり活用出来ますよ。